No.62 田中一村終焉の家

62田中一村終焉の家

画家・田中一村が人生を終える時に住んでいた家。有志団体の一村会がタタミを入替え、命日に毎年この家に集まり、田中一村を偲んでいます。近くには大島紬の泥染めで使用していた泥田の跡もあります。

見学可能日:11月26日

見学可能時間帯:10:00〜16:00

所在地:奄美市名瀬有屋町38-3

現地スタッフ:いない

見学範囲:自由見学