No.16 大笠利教会

16大笠利教会

大笠利教会の初期の聖堂建設は1915年ですが、1937年の焼き討ちにより全焼しました。現聖堂はその後1972年11月5日に献堂されたものです。また、1986年に完成した鐘楼の鐘は第二次世界大戦中に強制供出の難を逃れて埼玉浦和教会に一時的に預けられていました。

見学可能日:11月26日

見学可能時間帯:12:00~16:00

所在地:奄美市笠利町大字笠利892

現地スタッフ:いない

見学範囲:自由見学